会社の成長に寄与
できていると実感できる

あいわFAS(株)取締役・シニアマネジャー
天野 賢司平成26年入社
プロフィール
金融機関、大手税理士法人、大手上場会社を経て平成26年あいわ税理士法人に入社。現在はあいわFAS㈱取締役として、上場会社によるM&Aの支援業務、バリュエーション業務、IPO支援業務などに従事。
あいわ税理士法人 社員インタビュー

あいわFASでのミッションややりがいは何ですか?

私はもともと大手税理士法人や大手上場会社で勤務しており、案件のダイナミックさはありましたが、規模が大きい故に極端に分業されていたこともあり、自分がどれだけ会社の成長に寄与できているのか実感できる機会がありませんでした。あいわFASでは、主に経営陣の方々を相手に、上場会社や上場準備会社へのM&A関連サービスとして、交渉支援、ストラクチャー策定、財務デューデリジェンス、株価算定、PMI等案件を一気通貫でサポートしており、自分のアドバイザリーが案件の成否に影響するものも多く、緊張感がありつつもやりがいのある環境に身を置けていると感じます。他にIPO支援、税務顧問業務、セミナー講師など、業務の多様性があるところも、高いモチベーションを維持できる要因だと思います。

あいわの良いところは?

経営陣が挑戦に対して寛容なところです。私はもともとあいわ税理士法人で法人向けの財務・税務アドバイザリー業務に従事していましたが、顧問先である新興の上場会社がM&Aを積極的に展開していく中で、クライアントの成長を支援し続ける存在であるためにも、FASに特化したサービスの必要性を感じていました。
そこでこの分野をやらせてほしいと手を挙げたところ、あっさりと認めていただき、その判断の速さに驚いた覚えがあります。他にもシンガポールや大阪へと最近エリア展開していますが、スタートアップは社員からの声によるものです。

あいわ税理士法人 社員インタビュー

理想像を教えてください

私の理想は、クライアントから「この人と一緒に良い仕事をしたい」と思っていただけるような存在になることです。そのためにも、課題の本質を見極めてクライアントニーズを掘り起こし、常にリスクが顕在化する前に打ち手を一緒に考えていくというスタンスを大事にしたいと思っています。
それが引いてはクライアントの事業リスクの排除となり、クライアントの成長支援となると信じています。また、経営陣の時間は有限ですので、数あるリスクに対して、検討の優先順位をいかに示し、効率的に判断していただくかというのも、専門家の使命であり、理想のアドバイザーであると思います。